· 

第240回定例講習会

日時:平成21年3月1日  午前9時30分~午後4時

場所:名古屋市立大学医学部研究棟11F A講義室

第241回定例講習会(4月5日)に於いて一般社団法人生体調整機構制御学会の設立記念講演が行われ、後に設立総会が開催される旨の案内があった。さらに東洋療法試験財団より授与された表彰状が授与された。

内容

1)臨床鍼灸医学研究

(社)全日本鍼灸学会参与   愛知地方会名誉会長  黒野保三 先生

「再生医学についてⅣ」

愛知地方会の成り立ちにについて時系列に説明があり、後継の(社)生体調整機構制御学会の考え方について説明がなされた。

鍼治療の効果について説明があり、恒常性維持、免疫、自然治癒力など全ての機構を鍼灸によって調整制御するために生体調整機構制御学会という名称になった旨の説明がなされた。

生体調整機構制御学会とは学際的に集うものであるため、鍼灸という名称が省かれた旨の説明がなされた。

最近の経済状況について解説された後、新聞報道が示され、愛知医大の寄付講座である痛み学講座がピンチである旨の報告が紹介された。

再生医学についてスライドを使用し、詳細な説明がなされた。

2)不定愁訴への対応(支部指定研修B講座)

たけうち心療内科院長 竹内 聡 先生

「⑤治療上の工夫」と題し、治療上の考え方や工夫について詳細な説明がなされた。

3)不定愁訴に対する基礎・臨床、診断と治療

愛知地方会研究部不定愁訴班班員  吉田昌弘 先生

「東洋医学研究所における健康チェック表について -新患とホームページの比較検討-」と題し来院患者(新患)とホームページ上の健康チェック表の記載項目の違いについて報告があった。

4)ホームページ作成について

愛知地方会幹事  中村 覚 先生

定例講習会参加会員のホームページが作成され会員紹介ページにアップされた。

5)不定愁訴に対する症例報告及び症例検討 

愛知漢方はり医会代表  高橋清吾 先生

「肝実証における不定愁訴」と題し資料をもとに症例報告が行われ、質疑応答があった。