· 

第237回定例講習会

日時:平成20年11月2日  午前9時30分~午後4時

場所:名古屋市立大学医学部研究棟11F A講義室

第26回東海支部学集会開催が成功裏に終了した旨報告があり、愛知地方会の先生に協力いただいたお礼が述べられた。続いて愛知地方会ホームページの第26回東海支部学術集会の動画が放映された。

内容

1)臨床鍼灸医学研究

(社)全日本鍼灸学会参与   愛知地方会名誉会長  黒野保三 先生

「再生医学についてⅠ」

太極療法の成り立ちについて詳細な説明があり、本来は「生体の統合的制御機構の活性化」が医学的名称であるが鍼灸師に理解しやすくするため太極療法と名付けた旨の説明がなされた。

日本心療内科学会には鍼灸師は含まれていない旨の報告があり、鍼灸師のレベルの低さについて例をあげられ、詳細な説明があった。

新聞報道をもとに、iPS細胞の発見を期に日本の医療関連技術保護の甘さについて詳細な説明がなされた。

また、ラットの脳細胞を使用し、障害物をよけるロボットの研究について詳細に説明され、今後の鍼灸医学の展望について説明がなされた。

再生医学について皮膚を示され今後の展開について説明がなされた。

2)不定愁訴とは何か(支部指定研修B講座)

たけうち心療内科院長 竹内 聡 先生

「②身体医学的理解」と題し資料をもとに身体医学について詳細な説明があった。

3)不定愁訴に対する基礎・臨床、診断と治療

愛知地方会常任幹事 皆川宗徳 先生

「不定愁訴カルテ作成についての基礎的研究」と題し黒野保三愛知地方会名誉会長の論文をもとに不定愁訴カルテ作成のまでの詳細な手順の説明がなされた。

4)ホームページ作成について

愛知地方会常任幹事 井島晴彦 先生

定例講習会参加の愛知地方会会員各自のホームページが作成され立ち上げが実行された。

5)不定愁訴に対する症例報告及び症例検討 

愛知地方会研究部不定愁訴班班員 角田洋平 先生

「不定愁訴に対する鍼治療の検討 ―睡眠相後退症候群(DSPS)と思われる一症例―」と題して症例検討が行われ、活発な質疑応答があった。