· 

第236回定例講習会

日時:平成20年7月6日  午前9時30分~午後4時

場所:名古屋市立大学医学部教育棟2F 第1講義室

午前9時15分~9時30分 第13回愛知県鍼灸生涯研修会開講式が行われた。

内容

1)臨床鍼灸医学研究(支部指定研修B講座)

(社)全日本鍼灸学会参与   愛知地方会名誉会長  黒野保三 先生

「脳科学と鍼灸医学ⅩⅢ」

(社)全日本鍼灸学愛知地方会は全国一で他の追随を許さない旨の説明があり、今後学会本部で組織再編があり、愛知地方会の名称が変更されようと以前同様、講習会を開催していくという心構えが話された。

平成20年6月1日付の朝日新聞一面に、柔道整復師の不自然な保険請求についての記事が掲載された。この記事を引用され鍼灸も同様のことがあるのではないかという懸念が示された。

本年度のテーマである不定愁訴について関連性の高い報道記事が紹介された。

脳と心と鍼灸医学と題し、脳と心と鍼灸医学の関連についてプロジェクターを使用し詳細な説明があった。

2)不定愁訴とは何か

たけうち心療内科院長 竹内 聡 先生

「①精神医学的理解」と題し資料をもとに精神医学について詳細な説明があった。

3)不定愁訴に対する基礎・臨床、診断と治療

愛知地方会研究部不定愁訴班班長 石神龍代 先生

「不定愁訴カルテの記載方法とその応用」と題し「不定愁訴に対する鍼灸治療の検討」と題する資料をもとに詳細な説明がなされた。

4)ホームページ作成について

愛知地方会幹事 福田裕康 先生

ホームページを作成すべく第一歩として愛知地方会会員紹介ページ用の基礎データを配布され、プロジェクターを使用し詳細な説明があった。

5)不定愁訴に対する症例報告及び症例検討 

経絡治療学会東海支部会員 加賀俊郎 先生

「不定愁訴と経絡治療」と題して症例検討が行われ、活発な質疑応答があった。