· 

第235回定例講習会

日時:平成20年4月6日  午前9時30分~午前10時30分

場所:名古屋市立大学医学部教育棟2F 第1講義室

本部報告として、(社)全日本鍼灸学会の組織改変について学会本部では地方会および現支部を廃止し大きく区分けしようとしている旨の説明があった。

 

1)臨床鍼灸医学研究

(社)全日本鍼灸学会参与   愛知地方会名誉会長  黒野保三 先生

 ① (社)全日本鍼灸学会設立の理念について詳細な説明があった。黒野保三先生は鍼灸界発展のために(社)全日本鍼灸学会設立に尽力し、名古屋から当時の文部省に何度も足を運び定款作成の折衝を重ね、地方会組織を認めていただいた経緯についての説明があった。

② 民主党が「統合医療を普及・促進する議員連盟の会」を立ち上げたことについて説明され、養成施設で3年間勉強し、国家資格たる免許を有し、開業権を認められた鍼灸師の身分につい て整理する必要性を説かれた。

③ 未科学の医療として発展しうるのは鍼灸であることを強調され、このことと鍼灸師自身が認識し研鑽することの重要性について説かれた。